のぼりが使われている業界・場所について

今や生活の一部のなったのぼりですが、いったいどんなところで使われているのでしょう。

・飲食業界

いちばん多く使われている業界です。

街中のラーメン屋や焼肉屋・食堂などが有名ですが、最近はイタリアンやカフェでものぼりを使用しています。

もちろん店の業態を示しているのぼりもありますが、たとえば「ランチタイム」「飲み放題」「営業中」といったような営業内容に関するのぼりもあります。

意外なところでは、海の家はのぼりが目立ちやすい場所のひとつです。

・住宅展示場やモデルルーム

新興住宅地などの展示場は同じような外観の家が多いため、一般の家と間違われないようにするためにどうしても目を引く必要があります。

また遠くからで目的地に着けるような導線の意味でものぼりは使われます。

「入居者募集中」「見学会開催中」「オープンハウス」「分譲中」など、住宅が売りに出されていることが明確にわかることが必要です。

・イベント会場や祭り

内容を問わず、イベント会場にのぼりは必須です。

流行の食フェスなどでは店名ののぼりがないと、どこの店の屋台かがわからなくなってしまいます。

また祭りの縁日でも人ごみでごった返す中に高めののぼりがあれば何の屋台か一目瞭然です。

他にも、アイドルやミュージシャンが集まる音楽系のフェスでは、出演するアーティストののぼりをずらっと並べることによって出演者を把握しやすいですし、そのアーティストの販促活動にもつながります。

このように、のぼりは視覚に訴えることによって、集客や販促などの目的ごとに業界を問わず広く使われていることがわかります。

This entry was posted in のぼりの使用場所. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.