のぼり旗を作ります

現在では様々な種類、様々な意味合いをもつ旗があります。
《旗の使用例はこちら》日本赤十字社青森県支部/三上剛太郎(手製の赤十字旗)

その中で、自分なりのオリジナルな旗をつくってみるのはどうでしょうか。

今回は紙でのぼり旗を作ります。

まず自分ののぼりのイメージに合わせた紙を用意しましょう。大きさは、タテ20㎝、ヨコ8㎝くらいが基準となります。

………作り方………

① 基本的には、このサイズの紙を用意すれば、のぼり旗は完成です。

【アレンジ方法】

●色鉛筆やクレヨンで、好きな絵を描きましょう。

●折り紙やワタを貼って、立体感を出しても面白いです。

●パソコンとプリンターを使って、文字や絵を印刷しても面白いです。

●和紙をそのまま利用しても趣があります。

●和柄の折り紙も、とてもかわいく仕上がります。

●色画用紙を使うと、コシのある仕上がりになります。

●スタンプやシールなどを貼っても面白いです。

●「かき氷」や「おでん」など、よく見るのぼりのデザインをまねしているのも面白いです。

※乳が付くので、左側真ん中のヨコ1.5㎝×タテ2㎝、左下から0.5㎝のところヨコ1.5㎝×2㎝上側の両端から1.5㎝空けたところヨコ1.5㎝×2㎝は、絵や文字が隠れます。

デザインを練る際に注意してください。

※この形は基本系ですので、慣れたら旗の形自体を変えてみるともっと楽しめます。

This entry was posted in のぼりを完成させる. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.