紙でのぼりをつくろう

お店などでよく見かける、卓上サイズの小さなのぼり旗を作りましょう。

紙で作るから簡単で、アレンジも無限大です。

お子さんと一緒に楽しむこともできますので、夏休みや冬休みの工作にも向いています。

一度作り方を覚えてしまえば、自由に発想を活かして変化させて行けますので、想像力を鍛えるという意味でも、非常に有意義です。

大人も、基本から発展させていく事で、脳トレ効果が期待でき、脳内の活性化や、リフレッシュ効果を味わえます。

とにかく簡単で、しかも、すぐに出来上がりますので、達成感も味わえ、満足度も高い工作です。

のぼりというのは、日本人が心を揺さぶられる存在ですので、うまくできた時などは、それを眺める事でも満足度が高まります。

メッセージカードや、メモ帳、夕飯の盛り上げ、お正月や七五三など、季節行事の演出にも、とても面白いものです。

「かき氷」「おでん」「鍋」など、よく見るのぼりのミニチュアをつくって並べると、気分も盛り上がります。

素材や形を発展させていき、色々なアレンジを楽しんでいただきたいです。

作っていくうちに、のぼりがどうしてこんなに根強く私達の生活に残っているのか、その魅力もわかるかもしれません。

This entry was posted in 紙でのぼりをつくろう. Bookmark the permalink. Both comments and trackbacks are currently closed.